スタエフのサブアカウントを開設いたしました。

音声配信
スポンサーリンク

この度、サブアカウントを作成いたしました。

サブ垢はコチラ

 

 

運営さんにも確認したのですが、複数アカウントも使用OKとの事で裏付けがとれたので、今回作成させて頂きました。なぜこのタイミングで作成したか、なぜ本アカと分ける必要があったのか、背景と目的など、サブ垢の収録で語る事とします。
※以下、音声

 

 

 

以下、台本

こんなタイトルでいそアゴを聞いて下さる方なので、考えた事を全てお話します。

サブアカウントを先に確認された方はもうお気づきの通り、メンバーシップの要素が大きいです。サブ垢はメンバーシップ専用としています。ただし、きちんと意図があるのでそれを説明いたします。

私いそアゴは、メンバーシップ制が全体開放されたものの2つの理由から、開設に踏み切れませんでした。
それは、

① 自分のコンテンツや魅力に月額300円以上の価値があるようには思えない。
②「いそアゴ」を聞いて下さるリスナーさんに、限定コンテンツを表示させたくなかったからです。


前者は自分の自信のなさあらわれ、後者はリスナーさんへの配慮といった感じでしょうか。

自分は音声配信サービスにおける有益ともとれるような情報をたまに発信していたりはするものの、基本的には素人が言いたい事喋ってるだけで、その対価としてお金を頂くような事は釣り合わないと思っています。

また後者の限定コンテンツを表示させたくない件ですが、、今のスタエフの仕様上、通常も限定コンテンツも同じ一覧上に並んでしまいますよね。隠す事ができない。なぜ隠すんだという意見もあるかもしれないのですが、リスナーさん目線からすると、例えばいそアゴの認知はあってたまに聞くって方、興味を持ち始めて頂いた段階の方、そんな方の画面に限定コンテンツが表示されるとどうしても目に入って意識してしまいますし、それを見て自然と遠のいていってしまう方もいらっしゃるかもしれないんです。月額課金について肯定的ではないリスナーさんが少なくない中で、例え悪い事をしていなくても、限定コンテンツが全面に出る事で不快な思いをする方を出したくないんです。

なので、メンバーシップ作るとしても、奥の奥に隠そうと思いました。アカウントを分けて、このアカウントに辿り着き方も、スタエフプロフィール欄のリンクからのみとする。
ただ、プロフィール欄にひっそり追記は全く誰も気付かないかもしれないので、興味を持って下さっている方だけに届くようなタイトル付けでこの収録をとっています。

はい、単的にはめんばーしっぷ導入したい背景があったからですね。

では次になぜメンバーシップ導入したくなったか。目的ですね。きれいごとみたいに聞こえたらごめんなさい。本心です。2つあります

1つめは音声配信業界を盛り上げたいからです。音声配信でお金を動かす。配信者が運営さんにお金を回せる。といった事に貢献したいためにメンバーシップ制度を活用したいと思いました。。
ただ、メンバーシップとして、お金を頂くからには、対価としてサービスなりモノで提供していく責任が伴います。
サブ垢の「いそ」さんは情報の価値としては、有益な発信が多くはないかもしれません。ただ、情報以外の価値(安全安心な空間、お悩みに対する共感・提案、これまでの活動、SPPで培ったノウハウや音声配信の裏側、など)をたくさんお届けする事ができると思っています。

2つめは、あまり聞かれたくないので、もう一つのサブ垢で話します。

つらつらと喋ってきましたが、これらを踏まえて、私いそアゴは、もう一人の自分、ありのままの自分、やりたいと思った事をやる自分を、「いそ」名義で新たにサブ垢およびメンバーシップを開設する事としました。

まだこのアカウントの使い分けをされている方は少ないように思いますが、この先ドンドン増えてくるのではないでしょうか。配信内容が多岐に渡ったり、メンバーシップ制導入を考慮すると、アカウントの使い分けが最適解のように思えるような、、なんとなーくですが。

という事で、いそアゴに興味を持って頂いてる方は是非、サブ垢にも遊びに来て頂けると嬉しいです。

音声配信
スポンサーリンク
フォローはお気軽にどうぞ^^
プロフィール
イジられると喜ぶ愉快なアゴ
いそ@アゴ

音声配信界のアゴ。stand.fmで配信活動開始。SPP。毎朝5:45~6:15で朝ライブ配信中。RADIOTALK、その他音声配信APP(計7つ)も始めました。
朝の生存確認ライブではマシンガントークと元気が出ちゃう挨拶であたたかい笑いをご提供!

本サイトは、音声配信を中心に、有益無益問わずアゴが情報を蓄積していってるサムシングです。

フォローはお気軽にどうぞ^^
いそ@アゴの公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました